【ウルトラファインバブル、マイクロバブルって何?】ミラブルプラスのバブルについて解説します。

ミラブルプラスが欲しいんだけど、

「ウルトラファインバブルって何?」

「マイクロバブルもあるらしいけど何?」

「ファインバブル??」

もう、◯◯バブルが分からーーん。

こんな疑問をお持ちではないですか?

その気持ち、分かります。

バブルの種類が謎すぎてモヤモヤしますよね。

この記事ではそれぞれのバブルについてわかりやすく解説。

モヤモヤをすっきり解決していきます。

まず、完結にお伝えします。

ファインバブル=毛穴より小さな泡のこと

毛穴より小さな泡=マイクロバブル、ウルトラファインバブル

泡の大きさは、マイクロバブルのほうが大きくて、ウルトラファインバブルの方が小さいです。

ウルトラファインバブルは0.001mm未満。もはや肉眼では見えません。

ミラブルプラスはミスト水流なら1CC あたり約2000万個のウルトラファインバブル量

想像してみてください。

2000万個の0.001mmの微細な泡が毛穴やシワに入り込んでいくんですよ。

もう毛穴の汚れもシワの汚れも洗い流せる訳です。

しかもミラブルプラスは特許技術が使われています。

バブル量+特許技術で洗浄力が高いんです。

洗浄力で選ぶならミラブルプラス一択です。

ミラブルの公式通販はこちら

ファインバブルは毛穴より小さい泡

ファインバブルについて詳しく説明していきますね。

ファインバブルっていうのは直径が0.1mm(=100μm)より小さな泡の総称なんです。

2017年6月にISO規格にて定められた用語です。

毛穴の大きさが0.1mm~0.3mm(100μ~300μ)なので、

毛穴より小さな泡

ってことです。

で、その直径0.1mmより小さな泡っていうのが、マイクロバブルとウルトラファインバブルです。

「ファインバブルは毛穴より小さな泡のこと」そう思っておくとわかりやすいですね。

ちなみにミラブルプラスを製造しているサイエンス社はファインバブル専業メーカーなんです。

ファインバブルの技術を駆使した製品に特化しているから技術力が高い!

ミラブルプラスのミスト水流を発生させる技術は特許を取っているんですよ

信頼感があります。

ミラブルの公式通販はこちら

マイクロバブルとウルトラファインバブルの違い

マイクロバブルとウルトラファインバブルは、どちらも毛穴より小さい泡。

何が違うのかって思いますよね。

違いはズバリ、大きさ泡の強さ。

大きさが違う

大きさはマイクロバブルの方が大きくて、ウルトラファインバブルの方が小さいです。

具体的に数字で説明しますね。

マイクロバブル:0.1mm未満~0.001mm(100μm未満~1μm)

ウルトラファインバブル:0.001mm未満(1μm未満)

数字が小さすぎてイメージしにくいですが、とにかくものすごーく小さい泡ってことです。

特にウルトラファインバブルは「ウルトラ」って名付けられているように究極に小さい泡なんです。

(もちろん肉眼では見えません)

マイクロバブルもウルトラファインバブルも毛穴より小さいので、毛穴の中に入り込んでくれます。

泡の強さが違う

マイクロバブルとウルトラファインバブルはそれぞれ特性があるんです。

マイクロバブル:泡はゆっくり浮上。しばらくすると消滅する。

ウルトラファインバブル:泡は浮上しない。安定しているので長時間残る。

(ちなみに、一般的なシャワーの泡は浮上してすぐに破裂します。)

マイクロバブルとウルトラファインバブル。

泡の強さはウルトラファインバブルの方が上です。

泡の強さは、強いから良い、弱いからダメって話ではありません。

それぞれ特性があるんです。

マイクロバブルは汚れを吸着したらゆっくり浮上します。

優しく洗うイメージですね

ウルトラファインバブルは強い泡。しかも極微細。

だから泡が壊れることなく毛穴やシワの隙間に入り込みます。

細かい部分までしっかり洗うイメージですね

マイクロバブルとウルトラファインバブル、2種類の泡の特性を生かせば、、、

全身の毛穴もシワの間もつるんとキレイ♪

これがミラブルプラスって訳です。

ミラブルの公式通販はこちら

バブル量だけで洗浄効果は決まらない

バブル量が多ければ多いほど洗浄力が高いってことよね♪

と思いますが、実はバブル量だけで洗浄力は決まらないんです。

洗浄力はシャワーが出るときの水流(吐水水流)の影響が強いんです。

これはちゃんと実験で証明されています。

(ミラブルプラス製造メーカーのサイエンス社での実験です)

ウルトラファインバブルが

  • 1cc当たり2000万個以上のミラブルプラス
  • 1ccあたり1億個の旧製品(旧製品:ウルトラファインバブルシャワー)

この2つで汚れ落ちを比較した実験。

1億個の方が汚れ落ちが早そうですよね。

なんと、2000万個のミラブルプラスが勝利!

ミラブルプラスの方が汚れ落ちが早かったんです。

理由は、ミラブルプラスには特許を取った水流発生技術が使われているから。

特許技術はトルネードミスト方式というものです。(特許-6717991)

だから、単にバブル量だけでは洗浄効果は決まらないんです。

他のメーカーからもファインバブルのシャワーヘッドって出ていますよね。

比較するときに「バブル量だけでは洗浄効果は決まらない」ってことはおさえておくといいですね。

洗浄力を求めるなら特許技術のミラブルプラスだなあって思います。

ミラブルの公式通販はこちら

まとめ

ミラブルプラスの「◯◯バブル」についてお伝えしました。

  • ファインバブルは毛穴より小さな泡の総称
  • 毛穴より小さな泡はマイクロバブルとウルトラファインバブルの2つ
  • マイクロバブルとウルトラファインバブルの違いは大きさと泡の強さ

バブルについての疑問が解消できてスッキリしましたね。

ミラブルプラスはバブル量に加えて特許技術で洗浄力はバッチリ。

洗浄力を期待するならミラブルプラス一択です。

今なら5,000円ギフト券付でお得に購入できますよ。

チャンスを逃さないようにしてくださいね。

ミラブルの公式通販はこちら

タイトルとURLをコピーしました